まずは勧告をすること

風評被害で問題になっているのがインターネットです。どうしてもそうした情報が広がることが早くなってしまっています。これはどうしようもないことではありますが被害が広がる前にどうにかするべきでもあります。起きることは仕方ないのです。問題は広がる前に抑え込む、鎮静化させることになります。では、具体的にどうすればよいのか、といえば掲示板やSNSからの情報であれば管理者や本人に削除するように勧告します。それだけでも意外と治まります。

法的な処置も検討すること

弁護士などに相談をすることによって法的な措置を臭わすことも可能です。大抵の人はこれで静まることになります。それでも尚、煽っている人は相当におかしな人です。言い方は悪いですが、見せしめという形で何人か訴えることができればかなり治まることでしょう。但し、費用がかかることになりますし、そもそもの風評被害の原因となったことによっては訴えるなんてことはしないほうがよい時もあります。例えば少なからず不祥事であれば仕方ないことでもあるのです。

結局の所どうすればよいのか

結局、状況に合わせて対処するしかないのです。具体的にいいますと勧告文を出したり、或いは謝罪したりします。法的な措置もその一つであるといえるでしょう。そもそもどんな風評なのか、ということによってはこちらが原因としては悪いこともあります。一概に風評による被害というのは、言っている人達が間違っているとは限らないのです。但し、あっていようと名誉毀損は名誉毀損になることも事実であり、対処しようと思えばできます。

インターネット上の誹謗中傷対策に逆SEOがあります。逆SEOとは検索エンジンにあがってきにくくすることです。