自分だけで対処をしないように

風評被害の性質はいろんなものがありますが、最近はインターネットが普及したことによって新しいかたちの被害も顕著に表れるようになりました。そのひとつになるのがインターネットの掲示板に書き込まれる風評被害です。事実と異なることも多く、つい反論するために当事者として発言してしまうことも多いですが、その行為こそ火に油を注ぐことも考えられます。第三者は意外にまともに評価していないことも多いです。ただのケンカのように見えてしまい、かえって悪循環になることも。

インターネットの被害は専門家に依頼を

インターネットによる風評被害は自分で行わず、必ず専門家に任せるようにしましょう。できることといえば、書き込まれている内容を削除、もしくは検索上位にあげないようにする手段です。このようなことは自分だけでは決してできることではありません。削除を依頼したとしても、さまざまな口実によって受理してもらえないことも多いです。インターネットによる風評被害対策ができる専門家も多くなっていますので、まずは相談から始めてみることをおすすめします。

原因を取り除くことが重要

風評被害で大切なことは、まずは原因を知り、それを取り除くことになります。こちら側として心当たりがないのであれば、ただの逆恨みによる可能性もあり、そうなるとお店を経営していれば威力業務妨害の疑いも出てきます。専門的な知識を持っていないと、対処することができないのもこの問題点の難しさです。原因を取り除くことは大切ですが、当事者同時が向き合うことでさらに厄介なトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、必ず専門家に頼りましよう。

風評被害対策、特にネットなどへの事実でない書き込みなどがあったら、警察や弁護士に早期に相談しましょう。風評被害が証明されれば損害賠償ができますし、犯罪となれば捜査に移行します。