誹謗中傷というものは

誹謗中傷というのは昔からあるものです。相手が悲しい思いをするだろうというのが分かっていながらも言ってしまう事です。嫌がらせやいじめの一つにもなります。また、そんなつもりがなくても相手が辛い思いをしてしまっているようなものも誹謗中傷の一つです。このような事をする方法は、昔はアナログでしたので手紙などや手書きのものが多かったのですが、最近ではネットなどで顔も知らない相手からされてしまう場合も多くなっているので社会問題になっているのです。

今の時代の流れの中で

今の時代では顔も知らない相手が自分の名前でない名前を使ってひどいことを言ってくる人が沢山います。自分がそんなひどい事をしたのか分からないまま自分を追い詰めてしまうことにもなってしまいます。それだけ心に傷をつけてしまうのは体に傷をつける事よりも治りにくいものなのです。そうと知っていながらもそういう事を言う人はいます。よくよく考えればひどい事を言っているのだという実感をするのですが、その時はそこまでの事を考えられなかったのでしょう。

SNSという便利なもの

普段顔を合わせているような友達同士の場合もあるし、全くしらない人の場合もあります。なので今の時代ネットでSNSをやっている人であればいつでも誰でも書き込みをする事ができてしまいます。設定などをすれば自分が許可した人しか見れないしコメントもできないようにする事もできます。ですが色々な人に見てもらいたいときなどはそういう設定をしないでいる人が多いです。なのでその時は簡単に誰でも誹謗中傷をする事ができてしまいます。

ブログでの誹謗中傷対策には、まずは、個人などが特定される写真やコメントは載せないことです。また、こちらが誹謗中傷すると必ず返されますので、してはいけません。